ハートの知性で生きる

心のサスティナビリティを叶える暮らし方

オーラ・ソーマとクリスタル

11月2〜3日は、ギータ先生によるオーラ・ソーマクリスタルマスター1の前半でした。

私自身は、今回はオブザーバーとしての参加です。

で、正直なところ、ご参加の方々ほどに、クレイジーofクリスタルとは言えない身としては、実に謙虚に臨んでいました。

もちろん、クリスタルは大好きです。
あ、でも、それに負けず劣らず宝石も大好き!
で、何の変哲もない石ころも好きなんですよね〜。

基本的には、原石が好き! 様々な角度から眺めていると、本当に見飽きることはありません。
一方で、必ずしもブレスやペンダントとして携帯するということはしていません。

パワーストーン業界で言われているところの石の効能といったところにも、余り関心がないのです。

眺めていて面白いかどうかというのが、どうやら最大のポイントらしいんですね。

で、こんな私ですから、クリスタルのメッセージを受け取るということも、多大な期待を寄せることなく、状況に身を委ねていました。

そうしたら………
面白いほどに、色々なことがわき上がってくるのです。

言葉として、
フレーズとして、
微かながらビューとして。

で、思ったのですけれど、これって、無意識との繋がりを深めてきたことによる一種の顕れなのではないかってことをね。

ヒプノであったり、
クリーンランゲージであったり、
メディテーションであったり、

マインドにジャックされることなく、ただ、そこにいる・そこにあるという感覚が、少しずつ進歩してきているからこそ、このような直観の冴えも体感できたんだろうなぁ…と思ったのです。


「アプリとOS」と、私は形容しているのですが、

ツールやテクニックを学ぶことは、アプリの取得のようなもの。

ヒプノやメディテーテション、はたまたクリーンランゲージをつかってメタファーワークをすることは、OSのバージョンアップのようなもの。

私 自身のOSバージョンがアップされているかは、確認のしようもありませんが、少なくとも、クレイジーofクリスタルと言えるほどに、日々クリスタルにのめ り込んでいなくとも、なかなかどうして親睦を深めることができた一因は、ひとえに無意識との繋がりを深めてきたからだと、自分なりには解釈した次第です。

いやぁ〜、それにしても興味深い体験でした。
後半も楽しみ!

 

f:id:inluce:20141112000422j:plain