ハートの知性で生きる

心のサスティナビリティを叶える暮らし方

カラーセラピーとオーガニックに関わる。

「オーガニック」とくれば、昨今、女性の心をぐぐぐっっと鷲掴みにしそうな勢いのある言葉です。

食べ物やら、スキンケア、ヘアケア、コットンなどがお馴染みでしょうか。総じてみれば、有機栽培された生産物、あるいはそれらを原材料にした生産物のあたりで用いられることがおおいようです。

けれども、「オーガニック(organic)」には次のような意味もあるのです。
Ⅰ .〈生き方が〉簡素で自然に即した
Ⅱ. 有機的な、組織的な、系統的な
Ⅲ. 本質的な、根本的な
Ⅳ. すばらしい、最高の

で、本日スタートの「オーガニックカラーセラピー」では、この意味にできる限り忠実でありたいと思いながら進めています。

既に2種以上の色彩、もしくはセラピーやヒーリングについて学ばれた方で、尚且つ、自分のためだけではなく、いずれは自分以外の方達や場面で、役立ててもらいたい…という思いをもった方達を対象としたクラスです。

既に習得しているスキルを、次のステップに移行させるための、アドバンス的な内容とでもいったらいいのでしょうか。



で、初回となる本日は、コーチングの要素と表現アートセラピーの要素を組み合わせてのワークを採用しています。

コーチングや、それ以外の対話で使う言葉も、可能な限りクリーン・ランゲージにて。

表現アートというと、描画を思い描かれる方も多いでしょうが、絵を描くだけがアート表現ではありませんよね。

テキスト表現も立派なアート表現ですし、これ以外にも数多くのアート表現があります。

で、ファシリテートしていて気づいたことは、参加者の方々の内なる力を信頼する力が、自分の中で高まっているな、、、ということ。

だからこそ、不要な干渉をすることなく、ただただ目の前で起こっていくことを、安心してサポートでき、それによって、参加者さんのプロセスも、必要量で進んでいくのが、手に取るように分かります。

このような態度でいられるようになったのは、一にも二にも、大好きな先生によるヒプノセラピーや、クリーンランゲージや、瞑想のおかげですが。これについては、また追って…ということで。