ハートの知性で生きる

心のサスティナビリティを叶える暮らし方

残席僅かになりました。トップティーチャーによる直接指導 ~オーラ・ソーマ第2回東海アップデート~

         f:id:inluce:20160529161022j:plain

交通費の負担は、それはそれは大きなものでした。1つの講座に参加する度に、もう一つ受講できる程度の金額が、ズシッと必要になります。宿泊が加われば尚更です。

地方都市で何かを学ぶハンディキャップがあるとするならば、それは選択肢の少なさと言えるかもしれません。そして、それを克服しようとすると、どうしても金額的な負担が発生します。あるいは、金額的な負担を回避しようとすれば、手短な学び方を選択せざるをえません。

 

そのようなストレスから、一人でも多くの方にフリーになっていただくサポートができればと、アップデートのサポーターを務めさせていただいています。

 

 地方にいながら、他地域の先生から直接指導を受けるチャンス

どれほどのキャリアを積んでいたとしても、人には特有の思考や言動(もちろん感情反応)のパターンがあります。これは誰しもがもつマップ(投影の世界 ー私は【色眼鏡】と呼んでいます)所以です。

 

このことは、ニュートラルに学ぶことの難しさを示しています。

 

もちろん、お気に入りの先生の世界観にどっぷり浸るというのも、一つの学び方です。

一方で、より大勢の人に触れるというのも、一方では大切な学び方の方法です。

残念ながら、より大勢の人に触れるというのが、地方都市ではなかなか叶わないことなのです。

 

地方都市の人ほど、大勢の多様な人に出会う必要がある。

価値観の多様化とうたわれて久しいですが、依然として地方都市は、ほぼ単一的な価値観によって彩られる傾向にあります。

 

このメリットも数多くありますが、同時にデメリットも存在します。

 

通勤・通学を初めとして、生活エリアが広域に及ばないために、周りの目が気になり、周囲から浮いてしまうことを怖れ、ついつい右に倣ってしまうということは、往々にしてあることです。

このために、何か新しいことや、人と一風変わったことにチャレンジすることを躊躇されている方も多いことでしょう。

 

出会った人の多様さが、心の窮屈感を解きほぐしてくれる。

かくいう私も、高校卒業まで、現在住んでいる場所で過ごしています。

義務教育時代に、既に、窮屈感に伴うストレスは感じていましたが、進学や就職のための上京やワーキングホリデーなどを通じて、多様な人、文化に触れたことが、その後のストレスフリーに大きく役立っています。

 

だからこそ、声を大にして【色々な人、それも、できるだけ異なるライフスタイルを持っている人に出会いましょう!】となるわけです。

 

残席僅かです。

長年に渡り、オーラ・ソーマの世界を牽引してこられた武藤悦子先生による、

「オーラ・ソーマ第2回東海アップデート 〜イエローのレベル〜」

この機会に是非、お一人でも多くの方に、ご参加いただきたいと思っています。

そして【本物】のオーラ・ソーマのエッセンスを、是非、ご一緒に学びませんか?

開催準備の都合上、お申込期限を6月5日とさせていただいております。ご興味ある方は以下からお問合せ・お申込をお願い致します。

 

詳しくはこちらから